胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃潰瘍・十二指腸潰瘍とは?

胃潰瘍・十二指腸潰瘍とは?胃潰瘍・十二指腸潰瘍は何らかの理由で胃の粘膜に傷がついた後、胃酸などの強い刺激により穴が開き、傷が粘膜の下にある粘膜下層や筋層などといった深いところまで達して、胃や十二指腸の粘膜が深く傷ついてしまった状態のことをさします。潰瘍が進行すると大出血や胃や十二指腸の壁に穴があいてしまい、緊急手術が必要になる場合があります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の主な症状

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の主な症状このような症状がある場合、胃潰瘍の疑いがあります。

  • みぞおち辺りが痛い(心窩部痛・上腹部痛)
  • 貧血に伴う症状【ふらつき・動悸・息切れなど】
  • 吐き気、食欲不振
  • 吐血・下血(黒色便・タール便)

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の主な原因

  • ピロリ菌の感染
  • 薬剤(非ステロイド系の消炎鎮痛剤や抗血小板薬など)

その他(※低頻度):ストレス・飲酒・喫煙・刺激物の摂取・暴飲暴食など

胃潰瘍・十二指腸潰瘍とピロリ菌

胃潰瘍の主な原因はヘリコバクター・ピロリ菌感染による慢性胃炎とされており、その一部で胃・十二指腸潰瘍になることがあります。
胃潰瘍・十二指腸潰瘍を認めた際には先に潰瘍の治療を行い、後述するピロリ菌の除菌治療を行います。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍になりやすい人

胃潰瘍・十二指腸潰瘍になりやすい人ピロリ菌の主な感染経路は経口感染といわれています。日本の場合、上下水道の衛生環境が十分に整っていない時代に生まれ育った人の感染率が約80%と高く、10 〜20代では20%前後と著しく低くなります。
ご両親・ご兄弟など同じ生活環境で育ってきた家族が胃癌・胃潰瘍などピロリ菌感染を指摘されている場合は、同様にピロリ菌に感染している可能性が高くなります。
発症年齢としては若年層(20代~40代)は十二指腸潰瘍を、中年層以降は胃潰瘍を発症しやすい傾向にあります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の検査

胃透視(バリウム)検査

バリウム(造影剤)を飲んでレントゲン写真を撮影します。
胃粘膜の凹凸をみることで、潰瘍の診断をすることができます。

上部消化管内視鏡(胃カメラ)検査

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の検査口または鼻から内視鏡を挿入して、食道、胃、十二指腸などの上部消化管を直接目で見て観察する検査です。
同時に、ピロリ菌の検査を行うことができます。

ピロリ菌検査

ピロリ菌検査には内視鏡を用いた判定方法【培養法・鏡検法・迅速ウレアーゼ試験】と内視鏡を用いない検査法【抗体検査(血液、尿)、尿素呼気試験、便中抗原検査などがあります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療、ピロリ菌の除菌治療

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療、ピロリ菌の除菌治療

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療には酸分泌抑制薬【H2拮抗薬・PPI、胃粘膜保護剤など】の内服治療を行います。活動性出血を伴う病変の場合は内視鏡的な止血処置や、入院での加療が必要な場合を行います。ピロリ菌に感染していた場合は除菌治療を行います。抗生物質2種類と胃酸を抑える胃薬(酸分泌抑制薬)を朝・夕の12回・7日間続けて服用します。
服用から1か月以上経過した後に再度ピロリ菌検査をして、除菌治療の効果判定を行います。当院では尿素呼気試験による除菌効果判定を行なっています。一次除菌の成功率は93%、二次除菌まで行なった場合は98%と報告されています。

ピロリ除菌治療により、潰瘍の再発リスクが軽減し、同時に胃癌の発がんリスクも減るということがわかっています。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍Q&A

胃潰瘍になり現在薬を飲んでいますが運動は行ってもいいのでしょうか?

基本的に安静が望ましいです。胃潰瘍からの出血が疑われる場合や、貧血に伴う症状がある場合は特に安静が必要と考えます。

胃潰瘍になった場合、必ずお薬を飲まなくちゃいけないんですか?

自然に治癒する場合もありますが、出血性胃潰瘍・十二指腸潰瘍の場合は出血量が多く、出血性ショックとなるリスクも伴うため、症状の有無にかかわらず、内服は必要と考えられます。

両親が胃潰瘍になっているので私もならないか不安です。胃潰瘍は遺伝ってするのですか?

遺伝ではありません。同じ環境で生活することにより(井戸水や経口感染)、ご両親がピロリ菌に感染している場合は、ご家族も同様に感染している可能性があります。
一度は胃カメラやピロリ菌感染の検査を受けることをお勧めいたします。

一番上に戻る
お電話でのご予約お問い合わせTEL.072-879-2540胃カメラ・大腸事前診察健康診断・人間ドックWEB予約胃カメラ・大腸事前診察健康診断・人間ドックWEB予約
お電話でのご予約・お問い合わせ TEL.072-879-2540
胃カメラ・大腸事前診察 健康診断・人間ドックの予約が可能です WEB予約
診療時間
09:00~12:00
16:00~19:00

休診:木・土午後、日曜・祝日

※診察の最終受付は診察終了30分前までになります。
※年末年始・夏季休暇・連休、学会参加などで臨時休診や受付時間が変更になる場合もございます。
来院前にご確認下さい。

アクセス

住所:〒575-0023 大阪府四條畷市楠公 2-8-10

JR学研都市線 四条畷駅徒歩5分 提携駐車場あり